何も無いようで何かある日々

もっぱらの趣味は「映画鑑賞」。その次は…DVD鑑賞、ゲーム、FMリスナー…と広く浅い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後の近況もろもろ

《4/27(金曜日)》ネット難民となる。?

高校時代には、ベイシックだ、コボルだ、フォートランだの機械言語があった時に、当時の商業科ではフォートランだった。
OKIタックシステムって超バカデカイ機械で、紙テープに穿孔したり、マークシートを使ってデータ処理をしていた。
高校三年で、当時の工業高校で使ってしたベーシックに触れた。
当時はNECのPC88時代であった。
つまり8ビットマシンのパーソナルコンピューター…
企業に1台のコンピューターではなく、1家庭に1台。パーソナル「個人」向けの小型コンピューター時代の幕開けだった。
8ビットは、トランプ等の玩具メーカー程度の認識しかなかった、任天堂が作った「ファミリーコンピューター」…
ファミコンと同等の性能の8ビットであった。
そういう環境の中で、16ビット機であるNECのPC-98は高級モデルであった。
高校にも1台だけ置いてあったが、特別な事で無い限り触れることはなかった。

高校卒業後、就職し50万円程度の中古車を通勤の足に使っていた。
当時、ファミコンのゲームソフトは、パソコンソフトからの縮小改良版を移植していた。
パソコンソフトで発表になり、半年から1年後にファミコンに移植になっていたのだ。
そういうのが待ち遠しかったので、パソコン購入に踏み切った。
まだ当時はPC-88(8ビット)が主流で、ゲームソフトもPC-88用が豊富だった。だが、PC-98(16ビット)へと移行しつつある時代でもあった。
そこで…
スイッチの切り替えで、88も98も使えるという『PC-98DO』というものが存在した。
その当時のパソコン用ソフトというのは、現在と違い…
NEC用だとか富士通用だとかメーカー別であったり、NECでも98専用とか88専用という感じで互換性がなかった。
そういう背景だったので、98DOは優れていたのだ。
5インチフロッピー・ディスクドライブが2基ないといけない時代であった。
プリンターはEPSONのドットプリンターだ。
バカでかいインクリボンカートリッジが無限ループするヤツで、印字が薄くなったら交換って時代であった。
もちろん「黒」一色。
しかも、めっちゃ喧しい。深夜は騒音の問題で印刷不可であった。
当時はプリンターとセットで42万円という時代であった。

そういうパソコン環境で、パソコンライフが始まった。

年々…ゲームソフトの容量が増えていき、音が綺麗な…絵柄が鮮明で動いたり…で、徐々にパソコンの性能の限界が。。。
ゲームが出来ないわけではないが、
オープニングのムービー再生がカクカクしたり、次の場面への切り替えが遅かったり…
そういうのが我慢できなくなり、次のマシンを検討。

パソコン雑誌の通販欄で、中古機のPC-9821RXを購入した。
当時は高性能であった32ビットマシンである。
ファミコン(8ビット)もスーパーファミコン(16ビット)に進化した。
32ビットの性能は素晴らしかった。
ソフトを起動させるには、MS-DOSというソフトが必要な時代であった。
私のマシンは5インチフロッピーディスクであったが、時代は3.5インチへと移行しつつあった。
そういう環境で時は流れ…
内蔵ハードディスクも限界に達し、会社の先輩から外付けハードディスクを譲ってもらった。
当時のハードディスクは、『40MB』程度の物であったが、当時では高性能であった。

サラリーマンだった私の職場には、顧客先のパソコンがあり、業務上一日数回、操作していた。
そうしていた環境も、配置換え、配置換えで転々としていたが、とうとう…
Windows機の時代がやってきた。
DOSマシンで慣れていたので、窓が沢山出てくるWindowsにはてこずった。
Excel??Word??電子メール??
な状況であった。
現場からの叩き上げの私は、次第に業務用パソコンから遠のいていった。
…が、しかし、私の上司はWindowsを苦手とし、徐々に私に負荷が。。。
…と、いうことで業務遂行上、電話でお客さんに教えてもらいながら覚えていった。
最小限度の操作を。

家庭の環境は……
任天堂ファミコン、ディスクシステム、ツインファミコン、スーパーファミコン、64、ゲームボーイ
セガメガドライブ、セガサターン、ドリームキャスト、ゲームギア
っちゅうゲーム中心の環境であった。
パソコンは、PC-9821RXのまま止まっていた(汗)
それは、
パソコンとかの開発が目覚しく、「買い換えないと遊べない」という周期が短かったので、資金的に厳しかったからだ。
最新機を買っても…な躊躇いがピークの時期であった。
それに…
自分のアイテムも、ポケベル(呼び出し音だけ)→ポケベル(数字表示)→ポケベル(文字表示)から、
携帯電話の時代に突入していたから…
アナログ電波使用の携帯電話ドコモのムーバを愛用していた。
会社ではセルラーを持たされていた。
維持費も沢山必要だった。
時代はアナログからデジタルへの変わり目へと。。。

Windows機での業務の日々

Excelで日報(報告書)を作成し、電子メールに添付する業務。

とうとう携帯でのEメールの必要を迫られる。

アナログ携帯からデジタル携帯へ

当初、ドコモ携帯で四苦八苦してメールを打っていたが、当時の彼女はauであった。
ディカプリオがCMでCDMA1の音質の良さをPRしていた時代だ。
ドコモで打ったメールが、au携帯に3~4時間後に届く時代だった。
不便を感じ、私もau携帯に変更した。
それが私のauCDMA1デビューだった。

だが、指先の器用でない私にとって、携帯電話の小さなキーを押してのメール作成は苦悩の日々であった。
そうした苦悩を脱する為に、パソコンを買い換える決心をした。

PC-9821からWindows機へ

天才バカボンのハジメちゃんがCMに出ていたISDN。

やはり長年馴染み親しんだNECとEPSONの組み合わせを選んだ。

NECバリュースターWindows Me で、ISDN接続。

西暦2001年1月下旬。
それが、私のネットデビューだった。

その1年後、脱サラ、彼女との別れ

色々なサイトを訪れ、様々な掲示板に書き込み

そして、Webデザイナーの通信教育を受け、Adobe GoLive6.0を操り、自分のHPを立ち上げる。

自分のHPを持ち、更新を続ける。

月日は流れ…
最初のディスクトップのハードディスクが、ガリガリと異音を発する。

年末になって、起動不可になる。

HP更新の為に、年末でメーカーは休み。
ネットでのカスタマイズどころか。

HP更新の危機。

緊急の為に、店頭在庫機
SONYのノートパソコンVAIO PCG-FR55G(Celeron 2GHz 256MB 40GB)Windows XPを選択。

緊急事態だったのではあるが、前のディスクトップよりは快適な性能であった。
数ヶ月は。

ソフトの容量増加

ハードディスクのCドライブが飽和状態になるのに時間は掛からなかった。
あっという間に、Cドライブが危機的状況に。
XPではあったが、Windowsが不安定になり、時々支障があったのが、時々快適?な状況へと変わっていった。

256MBのメモリを1GBに増設してみた。
Cドライブの整理をしてみた。

…が、間もなくHDが物理的に壊れた。
保証期間内であった。
HDの交換手続きを。。。

だが、HP更新というのもあったが、やはり「応急」という商品選択であったので、このHD交換を機会にPCの検討を。

2006年3月18日
NECのネットでのカスタマイズ発注。
ValueOne G(タイプMT)ベースユニット本体PC-GV38XUZG2
CPU AMD Athlon(TM)64×2 プロセッサ3800+
メモリ 1GB DDR SDRAM(512MB×2)、PC3200対応(DDR400)デユアルチャンネル対応
HDD 250GB Seriali ATA HDD
CD-R/RW with DVD-ROMドライブ
nVIDIA(R)社製 GeForce(TM)6600GT
I・ODATA 17型スピーカ内蔵液晶モニタ

…という内容にも関わらず、十数年前のPC-98DO「42万円」の半分以下の予算であった。

この、PC-GV38XUZG2が現在愛用しているマシンだ。

事件は4月27日夕方に起こる。

プロバイダはデオデオenjoyのままだが、NTTから一時期Yahooになり、再びNTTのフレッツADSLに戻した。
ネットに繋いでいたのは、私のPCと父のPCであった。
父のPCは、公務が絡んでいたので、富士通のノートPCに、別アドレスを取得して繋いでいた。
昨年末に公務から引退したので、富士通のPCも返却した。
そして、私の使っていたVAIOを代わりに父に。
ネットに繋がなくても大丈夫だったが…

先日の半年に渡る大イベント終了後、父より「ネットに接続して欲しい…」と頼まれる。。。

配線図は、壁のモジュラーコンセントより、LANケーブルでスプリッタに。
んで、NTTのADSLモデムMS5「B」に。
そしてNEC WARP STAR Aterm WR7850Sというルーターに。

ルーターから有線接続してるのが、このデスクトップNEC PC-GV38XUZG2。

無線カードは以前の富士通PCの設定のままだった。

そこに、VAIOを再設定?追加設定を試みたのだ。

説明書どおりにCD-ROMをインストールして、無線ルーターと無線カードを認識させて…
電波ではルーターとカードは繋がった。

…が、しかし…

そっから先が進まなくなった。

無線でデータを飛ばすのに、「管理者パスワード」が必要だったが、控えてなかった。
んで、思い当たるパスワードを何度も入力したが駄目だった。

んで、最終手段。

ルーターを初期化して工場出荷状態に戻した。

んで、再び設定を最初からやり直したが、有線接続の本体も繋がらなくなった。
元に戻らなくなったのだ。

色々と試してみたが、専門家ではないので…
そういうトラブルに遭った経験が少ないので…

詳しい赤穂の遠い後輩にSOS要請をした。


4月27日の夕方にネットで遭難。
5月3日の昼前に…後輩の力でネット復帰。

5日半であったが、Eメールとかその他色々なサイト…
心配であった。

1日ぐらいなら、なんとかなるけど…
5日半は長く感じたなぁ。

ネット接続に成功し、後輩が帰省した後…
父のPC(元は私の)のソフトを、可能な限り最新の状態にしておいた。
インターネット・エクスプローラーは7.0に。

Internet Explorer 7.0は、Windows XPのSP2でないといけないのよ。

もの凄く溜まったアップデート・ファイルを順番にダウンロードし、インストール。。。

終わったのは深夜でしたw

6.0で慣れていた父親に…
7.0の使い方を教えなきゃならんのよね。。。(汗)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://babe2006.blog73.fc2.com/tb.php/263-597b61e7

 | HOME | 

文字サイズの変更

みんなの足跡

プロフィール

babe2006

Author:babe2006
所有DVDは200作品超。劇場での映画鑑賞は【2002年70本】【2003年125本】【2004年130.5本】【2005年71本】【2006年34本】【2007年12本】【2008年?本】…で、今年は12本ぐらい見るぞ(汗)
川嶋あいバナーネットワーク

NHK青春ラジカセ

カセットテープ型

「NHK青春ラジカセ」

最近の記事

最近のコメント

iTunes Bar J

Loading...
developed by 遊ぶブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。