何も無いようで何かある日々

もっぱらの趣味は「映画鑑賞」。その次は…DVD鑑賞、ゲーム、FMリスナー…と広く浅い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果的には痩せているらしい

■8月2日(月曜日)
「エクササイズ・ダイアリー」ってヤツをつけている。

初期値のデータと、1週間ごとの結果をグラフに書き込むヤツだ。

【7/27】体重70.6kg、体脂肪21.2%
【8/2】70.5kg体脂肪19.7%

あれだ、努力次第で「60kg台」に突入できそうかな(汗)

体重が軽くなって、若干…病気になりにくくなってる気がする(笑)
EMS
▲深夜の通販番組で「レッグマシーンX」を買い、今度は「スレンダートーン」を買ってみたわけだが…

つい、気合が入り過ぎて負荷を上げてしまう(汗)

会社周辺の週間天気予報では、木曜日に急に気温が上昇し…金曜日がピークみたいだ。

明日は今日と同じで、午後3時に気温がピークになる見込み。予報では今日より2度低いようだ。

湿度は朝方~お昼にかけて高いらしい。 ←蒸し蒸しすると体力の消耗が激しい。

重要なのは、直射日光を浴びない屋内でも「熱中症」になるってことだ。

天気予報の項目で「熱中症指数」ってのがある。

8/2(月)~8/9(月)までの期間「岡山県南部」は、8/4(水)以外は『厳重警戒』って指数はMAXになってるので要注意だ。

熱中症を甘くみてはいけない。他人の忠告は素直に聞いたほうがいい。

下手したら、手遅れだと死に至ることもある。かろうじて病院で点滴ぐらいかもしれない。

自分は「熱中症にならない」って決め付けないことだな。
【熱中症にならないために(healthクリック記事より)】
●体調を整える
睡眠不足や風邪ぎみなど、体調の悪いときは暑い日中の外出や運動は控えよう。

●服装に注意
通気性の良い洋服を着て、外出時にはきちんと帽子をかぶろう。

●こまめに水分補給
「のどが渇いた」と感じたときには、すでにかなりの水分不足になっていることが多いもの。定期的に少しずつ水分を補給しよう。理想は…20分おきにコップ1杯の水分。
ちなみに、コーヒーは利尿作用があるので適さない。
カロリーオフのスポーツドリンク、水、お茶、、がベストだな。


【夏のオフィスで困ることランキング(goo記事より)】
(1)クーラーで寒い
(2)社内が全体的に暑い
(3)席によって温度の差が大きい
(4)トイレの中が暑い
(5)男女の暑さに対しての感度の違いがある
(6)革靴が蒸れる
(7)エレベーター内が汗臭い
(8)靴を脱ぐと臭う人がいる
(9)お尻が蒸れる
(10)クーラーの風が臭う

う~ん…「ナルホド!」って思う反面、「やっぱりか」って思ったんだぁ。

再雇用の年長Mさんが言ってたけど、新しく出来た「女子トイレ」は、マジで暑いらしい。

長居出来ないくらい「暑く」て、色々な臭いが混じっててクサイらしい。なので、入室スグに消臭スプレー…

一応、芳香剤の方向性は統一してある。異種系の芳香剤が混じると、逆に臭くなるからだ。

そういやぁ、まだ材料臭がこもってたなぁ。なかなか消臭できんわ(汗)

【熱中症予備知識】
●筋肉がけいれんしているなら(熱けいれん)
大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんがおこります。けいれんしている部分をマッサージする。また、体の特定の部分(例えば脚など)が冷えているなら、その部分もマッサージしていこう。

●皮膚が青白く、体温が正常なら(熱疲労)
脱水による症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などがみられます。
心臓より足を高くして、あおむけに寝かせる。水分が摂れるなら、少しずつ薄い食塩水かスポーツドリンクを何回にも分けて補給する。。

●皮膚が赤く、熱っぽいなら(熱射病)
上半身を高くして座っているのに近い状態で寝かせ、とにかく体を冷却。首、脇の下、足のつけ根など、血管が皮膚表面に近いところを氷などで集中的に冷やす。氷がない場合は、水を体にふきかけ、風を送って冷やす。アルコールで体を拭くのも良い。このとき注意したいのは、体の表面だけを冷やしてふるえを起こさせないこと。また、全身臓器の血管がつまって、脳、心、肺、肝、腎などの全身の臓器障害を合併することが多く、死亡率も高くなります。

●意識がはっきりしない場合は「熱失神」
皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少しておこるもので、めまい、失神などがみられます。顔面そう白、呼吸回数の増加、唇のしびれなどもみられます。脈は速くて弱くなります。反応が鈍い、言動がおかしい、意識がはっきりしない、意識がない。こういった場合はすぐに救急車を呼ぶ。同時に、応急処置をしていこう。また、意識がはっきりしない、もしくは意識がない場合の水分補給は厳禁だ。また、吐いてしまった場合にのどを詰まらせないよう横向きに寝かせよう。

●症状が回復しても必ず病院へ
回復したつもりでも体内に影響が残っていたり、再発のおそれもある。熱中症になったら、回復した後でも必ず病院で診てもらおう。

■回復後もしばらくは静かにすごそう
熱中症は、回復してしまえば終わり、というものではない。一説によると、熱中症になった経験のある人は熱中症になりやすいともいわれている。
 また、熱中症で体温が高くなると、大腸菌でつくられた内毒素が血液中に漏れ出て、体温が正常に戻っても体の抵抗力が弱まるという研究結果もある。
 熱中症になった後は、病院を受診して大事をとるとともに、しばらくの間は体をいたわる生活をする必要があるようだ。くれぐれも「もう大丈夫」とばかりに、翌日からまた活発に活動をはじめる、なんて無謀なことをしないように。(カラダにeサイトhealthクリック記事より)

【熱中症と身体因子(大塚製薬記事より)】
暑さへの耐性は個人によって大きな差があります。体力の低い人、肥満の人、暑さになれていない人、熱中症をおこしたことのある人などは暑さに弱いので運動を軽減する必要があります。筋肉で発生した熱は血液によって皮膚に運ばれ放散されるので、熱の放散能力には循環機能が関係します。持久的体力の低い人は循環機能も低いので暑さに弱いのです。

肥満の人は同じ運動でもエネルギー消費が大きく、熱の発生も多くなります。また、皮下脂肪が熱の放散を妨げるためうつ熱がおきやすくなります。暑さへのなれも重要です。急に暑くなった時、涼しい所から暑い所に移動した時、しばらく休んでいて暑い時に復帰した場合などは注意が必要です。

同一個人でも暑さへの耐性は体調によっても変わってきます。体調が悪いと体温調節能力が低下します。熱中症の事故にはしばしば体調が関係しています。疲労、発熱、かぜなど体調が悪い場合には無理に運動をしないようにしましょう。また、胃腸障害で食欲が低下したり、下痢があると脱水傾向となり、熱中症になりやすいので注意が必要です。

まぁ、簡単にいうと…「身体が弱ってる時には休みなさい」って、ことじゃろなぁ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://babe2006.blog73.fc2.com/tb.php/311-ee609ad5

 | HOME | 

文字サイズの変更

みんなの足跡

プロフィール

babe2006

Author:babe2006
所有DVDは200作品超。劇場での映画鑑賞は【2002年70本】【2003年125本】【2004年130.5本】【2005年71本】【2006年34本】【2007年12本】【2008年?本】…で、今年は12本ぐらい見るぞ(汗)
川嶋あいバナーネットワーク

NHK青春ラジカセ

カセットテープ型

「NHK青春ラジカセ」

最近の記事

最近のコメント

iTunes Bar J

Loading...
developed by 遊ぶブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。